再生の過程

債務の整理のメリット

感覚として、負債の整理を考えてみると、相対的に考慮しても、かなり無責任な行為と思われてます。
当然でしょう。
借入を一人でこしらえて、一人でかえせないからなかったことににして欲しいとおねがいするわけですから。
私達の国が認めている制度とはいえ、相当顰蹙を招く行為であることは違いありません。

 

しかし、悪い業者にだまされたなどという例も多く、簡単に自分の責任とは言えないこともあります。
だからと言って、自分自身でも相当惨めな思いをしてしまう事には違いありません。
だからと言って、この制度を利用するのは、それによって得られるメリットがあるからです。

 

負債の整理で得られる利点は、当たり前ですが借金を払わなくて済むようになる、というポイントです。
免責という言葉を用いますが、この免責によって、債務の整理が成立します。
更に、債務整理の場合は持っている財産が債権者に配られますが、全ての財産を失くすわけではありません。

 

自己破産のメリットは、他にもあります。
誰しもができるという点です。
ニートの人の人やニートの人でも可能です。

 

また、借金の支払いの一時停止及び取立ての禁止もメリットと思われます。
厳しい取立てで頭がおかしくなりそうな状況、借金の処理を申し立てると、取立てが法律で禁止されます。
借金の整理を申請している相手に対して借入の取立てを行う事は、法律的に違反になるのです。
そのため、しんどい状態での一時しのぎという安心感もあります。

自己破産を行う場合、分からない点が多いと思います。

特殊なことですからね。

ではなぜ自己破産を行う必要があるのでしょうか?

それは借金があり、その借金を返済できないからのほかなりません。

ではいったいいくら位の借金があったなら自己破産が出来るのでしょう?

 

おおまかな目安は年収の150%位だと考えてよいと思います。

年収が1000万円の人なら負債総額が1500万円ということです。

 

また結婚されている人の場合、自己破産による配偶者への影響というものも

心配な点でしょう。

 

夫婦といっても必ずしもすべての財産が共通のものとは言い切れません。

それは個人個人の財産が当然あるわけです。

 

結婚前のそれぞれの財産は個人の財産ということになります。

当然クレジットカードも作れます。

 

安心して下さいね。

続きを読む≫ 2012/12/16 16:47:16

負債を抱えてどうしようもない場合は自分で処理をするか人に頼むか仕方がないですよね。

債務の整理は、全く気張ってもどうにもならないような借金が発生した時にする、最終的のやり方でもあります。

要するに、債務の整理を思慮している方は、有り余った余裕のあるお金を保持していないのが普通です。

 

だが、自己破産の処理を専門の人に依頼した状況、結構な単位ののマネーが要求されます。

どれ位掛かるということは、その事務所によって全然異なってきますから一概には言えません。

 

とは言え、概算の中間の額のようなものはあります。

弁護士に依頼する状況には、まんまの額と着手金で概算15万円〜60万円、

とくに成果報酬として30万円〜40万円のベットが掛かる事務所もあります。

 

司法書士に依頼する状況には、まんまの額と成果報酬である程度20万円〜50万円程度ですね。

 

法律事務所によって、大分と開きが存在するから、依頼する以前によ〜く調べたほうがよいでしょう。

続きを読む≫ 2012/11/13 18:46:13

負債の整理は、全く頑張ってもどうしようもないような負債が出来た時に実行する、最終的のやり方でもあります。

いわば、借金の整理を思慮しているかたは、十分なお金を持っていないのが一般的にです。

 

但し、破産の申請を司法書士にお願いした時、結構な額ののお金が必要です。

どれ位かかるという事は、その事務所によって全然異なってきますから偏には言えません。

 

ただ、概算の平均額のようなものはあります。

弁護士にお願いする時には、まんまの額と手付金で概算15万円〜40万円、

そして成果報酬として15万円〜60万円の上乗せがかかる事務所もあります。

 

司法書士に申請する時には、まんまの額と成果報酬でだいたい15万円〜40万円くらいですね。

 

弁護士事務所によって、おおきな開きがあるので、お願いする前によく調査したのがよいでしょう。

 

このように専門家にお願いするとお金がない状態でも大金が必要となりますが、格安で債務の整理が出来る方法があります。

それは日本司法支援センター、いわゆる法テラスの法律扶助制度を利用するという場合です。

 

但しだれでも利用できるという訳ではないので確認してくださいね。

続きを読む≫ 2012/11/09 09:14:09

負債の処理に決めて、お願いを始めたからといって疎かにしてはいけません。

負債の処理の依頼中にも、幾つかの問題が起こり得るからです。

 

こんかいは、こういう、債務整理中に生まれる諸問題に基づいてお話をしてみたいと考えます。

まずは、お金を貸した人から訴えられるという場合があります。

 

さらに、債務の整理のお願いに入ってからお願いまでに期間がかかった場合などに、その例は高くなります。

お金を貸した人の側としましては、債務の支払いもされないで、

特筆すべきは借金のの処理等の法律的なお願いもなされないというような現況ですと、

会社内部でのさまざまな始末をする事が出来ないからでしょう。

 

裁判によってどんな判決が下されようとも、借金の処理の申立人には借金を支払うはありませんから、

とりあえず、当該者の方もそれは了解しています。

 

ですが、裁判のような行いによって話しに持ち込み、なんとか支払いさせるなり、

債務者の家族もしくは従兄弟などに支払いしてもらうことなどを任せようとする場合もあります。

 

だが、これは、平成17年改正の新破産法以後、訴訟の提唱をしてもむだになる例が高くなりましたので、

実際に訴訟をしてくる当該者はほとんどなくなったようです。

続きを読む≫ 2012/11/08 08:14:08

親や弟の話では、借金の整理をおこなう上で親や姉妹との関係は大きな課題といえます。

理由は、やはり借金の整理を決断する方にとって、

それが親や姉妹にどう影響するのかという事が、不安で我慢出来ないことだからです。

 

、親や姉妹の誰かが債務の整理するという時、

親や姉妹側のほうも、あれこれと不安ごとが多いと考えます。

娘さんが親や姉の話ではきれないような債務を抱えることになったりすると、父の方がとても不安をして、

代理で自己破産を頼むことは出来ないだろうかと訪ねに訪問されることもよくあります。

 

両親の気持ちはとてもよく理解できるのですが、それは不能なのです。

必ずと言っていいほど、借入をした自分自身が借金の処理をしなくてはなりません。

 

そして、家族の片方が自己破産をしたからといって、

法的にその関わるは子供さんには一切ありません。

 

勿論お子さんだけでなく、両親や姉妹の誰にも迷惑をかけることはありません。

 

これらのことは、法的にしっかり守られていますから、どうぞご安心ください。

でも、両親や妹の中のどなたかが自己破産しなくてはならないことで、

両親や姉の皆の見解が乱立し、いざこざが生まれることは正に起こるでしょう。

 

実は、同じ家に住んでさえしていなければ、親や妹に知られないまま借金の整理をすることは可能です。

同じ家に生活をしておる時には、破産のお願い時に、

共同生活している人の収入を明らかにする書面を出さなくてはならない為、

親や姉妹にバレずに借金の整理をすることは、大分辛いでしょう。

続きを読む≫ 2012/11/08 08:13:08

債務が莫大になりすぎて債務の整理を熟慮しておられる方々。

今の自分自身の債務で債務の整理が出来るかどうか、疑問に想像したりしていませんか。

 

若い方や、職業をしない方がたにとっては100万円位でもすごいお金ですし、

会長などしていらした方にとっては、数億円単位の債務になることもあり得るでしょう。

 

数億円もの債務ができたら、返すのはとても大変であること、

だれでも想像がつくでしょうが、これが100万円であったらどうでしょう。

 

どのような職業でもより好みせずにやることに決めて、

一心不乱に頑張ったらなんとか返済額でもありますよね。

 

しかし体調不良などで就職できない方は除外してですが。

そして、いったい、どのくらいの債務があれば債務整理は出来るのでしょう。

 

それは、定まった金額が設定されているわけではなく、個人の給与などとのバランスによって

裁判所が判定することなのです。

 

給与の他には、一例を上げれば、年齢も大きな要素でしょうし、扶養している親や親戚がどれくらいいるのかなども大きになってくるでしょう。

 

いくら考えても支払いが不可能な返済額であると判定されないような返済額で借金の処理を申し立てた状態には、

支払いが無理の状態ではないと判定され、負債の処理の申し立てが受け取りされない例があります。

 

そういう場合、債務の整理の方法として、任意整理、民事再生、特定調停を審査し直す事になります。

 

ということで、破産の申し立てが受け取りされるか否か判断がつかない状態には、

先に弁護士に依頼してから考えた方がよいと判断します。

続きを読む≫ 2012/11/08 08:13:08

借金をしてしまうというのは、生きている上で少なくとも誰しもが思い当たる節があることではないでしょうか。

ただ、その借りる相手が例えば両親であったり兄であったり、あるいはボーイフレンドであったりといった状態は、

余程の事柄がない限りは深刻な状態にはならないでしょう。

 

しかし、闇金などに債務をしてしまった場合は、返済状態によってはライフプランがおかしくなりかねません。

特に現在は融資ローンを始め、クレジットカードを使った気軽なな融資が目立ちます。

融資の審査も年がたつに連れ優しくなっており、

ある程度返済能力が欠如している事を分かっていてキャッシングする所も少なくありません。

 

その結果、ここ9〜10年で借金を多額に背負うことになったかたは大いに多くなりました。

悪い人間にだまされて、というかたも以前から多いしかし、

完璧に自己責任で借金を返済不能な状態にまで陥ってしまったかたが顕著に増えているのです。

そういったかたたちが最後に望みを託すのが、破産というルールなのです。

 

債務整理とは、簡単に言えば、債務のある人が返す能力を顕著に無くし、経済的にしている状態の時、

もう返す力はないと裁判所が判断した状態、債務のある人の身の回りの所有物を全て換価することで、

借金を返済する責任を許されるというルールです。

 

ただ、必要最低限のや保持している財産以外は全て没収され、

更にその後の人生に少なからず制限がなされます。

 

、この債務の整理によって、借金が無かった事にになることは真実です。

このルールを使おうとする事で、もうこの状態にことすら苦しいという状態になっても、

救われるという例が何十万とあります。

負債の処理とは、国が作った、個人に対処する救済なのです。

続きを読む≫ 2012/11/08 08:12:08

強烈な借金をする人の間には、ようよう負債の処理をしても、

以降更には借金を繰り返す人がたくさんおられます。

 

一回債務の処理をしてしまいますと少しの間は、

キャッシングも不可能、モビットのカードを作ることも出来ません。

 

だから、もう容易には債務を作れなくなってしまうのかと

考えられるかもしれませんが、そういうわけでもないんですね。

 

親や女友達、知人からは借りることが出来うるでしょうし、

一般の消費者金融からは借りれなくても、

要するに、闇金などからなら借りることも出来うるでしょう。

 

借金がほとんど不可能という状況にでも陥らない限り、

やる気になれば借金はなんぼでも出来てしまうのです。

 

更には、一般には、キャッシングができなかったり、モビットのカードが作れないのも

6〜7年ほどの間だけと言われていますから、それが過ぎてから、

更には次第に借金が増えていく人もおられます。

 

こんな人は、もしかすると、再び返済が無理になってしまったら

破産をすればよいと考えているのかもしれませんね。

 

ところで、借金の整理というのは、人生の間で何度まで可能と思いますか。

 

一回きりと思っている人は多いですが、実際はそうではありません。

何故かはわかりませんが、何度でも可能なのが現況です。

 

借金の整理すると、以降、7〜8年間は次の免責を受けることはできませんから、

この間は再び破産することができません。

 

しかし、6〜7年の後には、またなるということです。

続きを読む≫ 2012/11/08 08:12:08

一般的に、借金の処理をすれば、負債が総じてなかった事にになると思っておられる方が多いようですが、君もその一人ですか。

 

実のところ、債務の整理をしただけでは、負債はなかった事にになりません。

自己破産者が債務をゼロにするためには、「免責許可」という許しが必要なのです。

 

裁判所は、債務者に免責を許しすることが適当であるかどうかの審議を行います。

自己破産制度では、この免責許可を被ることでようやく負債がなくなるのです。

 

むかしは、破産と免責許可の申立て手続きは別々に行われていました。

それが、平成17年に施行されました新破産法によって、破産の手続き

始まるの申し立てが行われた時点、免責許可のお願いも並行に行われるように手続きが一本化されたのです。

 

元来、借金は返すのが当たり前ですよね。

ですから、破産の要因によっては免責許しが下りない時もあるのです。

 

免責の不許可となった状況に、その要因を「免責不許可事由」と聞きますが、

これから債務整理を考えていらっしゃる方は、

このいろいろな事例に関して耳に入れておいたほうがよいのではないかと思います。

 

免責許可を被ることが無理な状況には、

借金はそのまま残ってしまいます。

 

こんな時、村役場に置かれる破産者名簿にも記載されますし、

身分証明書の発行を求めた場合には「破産者である」ことが記載された証明書が発行されます。

 

裁判所に債務の整理手続きのお願いを行ってから、免責の可否が決定するまでは

約6ヶ月間ありますから、仮に、免責不許可となった状況には、

この間の利息も加わることとなります。

続きを読む≫ 2012/11/08 08:11:08

借金の処理と言いますと、相変わらず悪い点のほうばかりが過度に耳にするものです。

あなたも過去にクチコミで何回か耳にしたことがあるでしょう。

 

今回から列挙する不利な点をしっかりと確認して、真剣に負債の処理の申請をしてしまってもよいのかどうか、

よ〜く熟慮してみて下さい。

 

さぁ、債務の整理の悪い点は、負債の整理中の不利な点と、債務の処理後の悪い点とに分けられます。

まず、負債の処理中の悪い点ですが、「破産者名簿」という名簿が日本各地の町にありますが、そこに名前が記載されます。

 

更に、「官報」という日本政府が発行しています新聞のようなものに居住地と名前が記載されます。

更に、決まった仕事について、負債の整理の開始決定が出てから免責決定が出るまでの

約4ヶ月間、規制を受けることになります。

 

その職業の例としては、弁護士、司法書士、宅地建物取扱主任者、生命保険の外交員、警備員などです。

更に、当然のことですが、大体8年間は借金をすることが出来ませんし、ローンも出来ませんからマスターカードを作ることも出来ません。

 

所有していた自分の家や車などの財産を手放す必要があります。

更に、自己破産後の悪い点を書いておきましょう。

 

信用情報機関、巷ではまあブラックリストと呼ばれているものへ登録されてしまいます。

さらに、 一回借金の処理をしてしまいますと、以降の8年間は基本として免責決定を下りなくなります。

借金の処理には、このような悪い点があることを頭に入れておいてください。

続きを読む≫ 2012/11/08 08:10:08