ヤミ金業者のいたずらの手口、種類など

今も昔もヤミ金の嫌がらせというものはさほど進歩はなく変わっておりません。

嫌がらせ、いたずら電話

特に090金融等非対面のヤミ金業者の出来ることは限られています。
普通は嫌がらせといってもいたずら電話が主流です。
ただし、その嫌がらせのいたずら電話程度だとしても、
相手の口調など、精神的ダメージは大きいと思います。

心の準備があっても相当心が強くないと心が折れてしまう。
精神的に病んでしまう可能性があります。

まず、嫌がらせの電話ですが、
闇金ですと怒号での電話の場合があります。

また、家族に言うとか会社に言うとか、借りたほうが困る
嫌だなと思うようなことをすると脅してきます。

本来、恐喝罪でも捕まえることができるのでしょうが、
彼らもそのあたりはなかなか足がつかないようにしています。

その手段とは携帯電話もとっかえひっかえだったり、
人が変わったりと様々な方法で脅して取り立ててきます。

ソフト闇金について

ソフト闇金は比較的電話口も穏やかで、
返済期日も前もって連絡すれば延ばしてくれたりします。

また、取り立ての電話に関しても最初のうちはかなり穏やかです。
ただ、やはり、あちらも返す期日がどんどんと遅くなると口調も
厳しくなってきます。

ソフトとつこうがつくまいが、闇金に変わりはないので
闇金に手を出さないようにしたほうがいいです。

 
このほかにもいくつかの嫌がらせがありますので、
嫌がらせの手口をご紹介したいと思います。

 ピザなどの大量発注